肩や首が凝ってつらい

頭痛や目が疲れる

腕が上がらない

肩が回らない

四十肩・五十肩

 

などの症状を改善します。

「肩のコリほぐし」は、付随した筋肉・筋群(首・胸部上部・僧帽筋・肩甲骨等)を深層部までの張り、緊張を可能な限りほぐします。

ほぐれた後はこまめに肩のストレッチを行い、肩こり知らずになりましょう。

肩コリが起こる要因は大きく3つのタイプにわかれます。

 

1. 前かがみや猫背、なで肩、骨盤の歪みなど身体的な要因

 

2. 緊張しやすい、完全主義、情緒不安定など精神的な要因

 

3. 同じ姿勢で長時間過ごす、手作業が多い、筋力不足などの

   習慣や環境からくる要因  

 

この他に疾病の兆候として起こる場合もあります。

  コリをほぐしても原因となるものを改善しないとまた肩こりをくり返してしまいます。 日常生活の改善を心掛けてください。

1. 常に正しい姿勢を心がける。

 

2. あごを引いて胸を張り、重心を真直ぐ。 猫背は厳禁です。

 

3. 肩周辺の筋をゆるめる。

 

4. 長時間同じ姿勢を続けない。作業をする場合はこまめに休憩をとる。

 

5.肩・上肢のストレッチや、ひじ掛け、手すりなどを利用して肩の負担を

  減らす。

 

6.パソコン利用時は手首の下にものをおく。

 

7. 適度な運動~散歩やウォーキングなど無理なくできる運動で日頃から

 

  筋力を鍛える。マッサージなど受動的回復

 

8. 入浴~体を冷やすと筋緊張が起こるため、温めるのが一番!

 

9. ストレスをためない~精神的な緊張をしないよう、リフレッシュと

  リラックスを心がけて。

 

 

苦痛が伴う肩こりが長引く場合は、整形外科など受診をお奨めします。

日頃のライフスタイルを見直せば肩こりは予防できるものです。 筋力アップと精神的なゆとりを心がけて、肩コリを予防してください。

メモ:

欧米人は肩こりしないってホント?

そう聞いた事がありますか?

一説には骨格が違うから日本人みたいに肩は凝らないって言いますが、私の友人達(米国人)はみんな肩こりでした。

ほぐしてあげるとそれこそ病みつきになって、定期的に受ける方も、そしてクチコミで欧米の方々も、が事実です。

日本人からすると妙な話ですが、ズバリ「肩こり」という言葉がないんですね…。 日本の方にも自分が肩こりに気付かない人がいますが、彼等もそうなんでしょうか…?

欧米に限らず、世界中の人達は肩こりで悩んでいる、まさに現代病でしょう。

ちなみにもうひとつ、日本人と欧米人の「肩」を表す場所にも違いがあるようです。


 

 

                                                                Jump to